忍者ブログ
漫画家・竹谷州史のブログです。
[68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [60] [61] [59] [58
Posted by - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 竹谷州史(たけやしゅうじ) - 2011.10.22,Sat
 
↑クリックでamazonのリンクが開きます。
竹谷州史最新刊
 
「拝金」第②巻(完結)発売中
 
拝金は2巻で完結なんですが、そんなわけでこの巻には
私と堀江さんの「あとがき」が載っているわけです。

拝金、私は本当は原作のエピソードを膨らませた形で
もっとオリジナルなエピソードも加えたかったんですけどね。
実際はページの制限があり原作のコアを漫画化するので
一杯だったりしました。

ただ、それでもいくつかはオリジナルの解釈を入れたんです。
そのあたりについて堀江さんはあとがきで触れていてくれて
作者としてとても嬉しかったですね。

あとがき、何しろ校了時(現在も)ご本人は収監中で、
外に持ち出せる文章も限りがあり、
あとがきがいただけるかどうかも不明、
というお話を聞いていましたから。

連載中もこちらからいろいろ質問すれば答えていただける
状態だったんですが
何しろお忙しい方でしたから私のほうで遠慮してしまって、
質問は具体的に最小限に
(質問の際は、とても迅速に的確な返答を頂いた)
その分原作を一字一句消化して、知らない単語は検索し、
細かなメッセージのニュアンスは彼の他の著作も参照して…、

無我夢中の綱渡り連載。
そしてこの漫画はできあがりました。



私は「拝金」小説版の、核の部分に、
とても純粋で善良なメッセージがあると感じていて、
そこに惚れて漫画を描いたと言っても過言ではありません。

実際は経験もしていないセレブ世界や金融を描く不安があったこと、
世間では彼を実際よりも悪く捉えている方も多く、
その誤解を少しでも解くきっかけになれば、という
過ぎた思いが密かにあったことなど、
言いたいことが多すぎて、
推敲の末、本に載った私のあとがきはカチカチに緊張しており
なんとも無愛想なものになっているような気がします。

対して、併記されている堀江さんのあとがきは
自作が漫画になった率直な喜びに満ちており
あまつさえ、文は私へのねぎらいの言葉で結ばれており
とても気恥ずかしい思いです。


私は作中の主人公「優作」と同じように
この作品を描くことで本当に劇的に世界が広がったし
経験は次への財産となりました。
できれば、
読者の皆様にも同じ経験となることを願っています。

この作品を描くきっかけを与えてくれた担当Aさん、
取材の際に協力していただいた皆様、
ずっといい子達だったアシスタントのSさんNさん、
応援してくれた読者の皆さん、
そして原作の堀江さんに
深く感謝します。

何よりもそれを伝え忘れたと思って。
これを本当のあとがきとさせていただきます。

ありがとうございました。

PR
プロフィール
HN:
竹谷州史(たけやしゅうじ)
性別:
男性
職業:
漫画家
自己紹介:
岩手県盛岡在住の漫画家。
最新作「災厄乙女パン子」(月刊日ヒーローズ)。
最近は主にツイッターが中心。
既刊「Smoking Gun民間科捜研調査員流田縁」(グランドジャンプ)「拝金」(コミックゼノン)「紅蓮の花真田幸村」(コミックバンチ)「まっしろけ」「astral project月の光」「皆殺しのマリア」「LAZREZ」「PLANET7」(以上コミックビーム)など。
おしごと募集中。
フリーエリア

メールフォーム
自著
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]