忍者ブログ
漫画家・竹谷州史のブログです。
[16] [15] [14] [13] [12] [10] [9] [8] [7] [6] [5
Posted by - 2017.01.21,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 竹谷州史(たけやしゅうじ) - 2009.11.05,Thu
まっしろけ3巻も発売が済み、いよいよブログで扱う事も少なくなりそうです。

そうなると、今後はこのブログは、とくにネタが無くなり、
ひとりのおっさんの日記になってしまうわけです。

まあ深く考えずに続けてみるとしますか。

週末は忙しいさなか、高校時代の同窓生の集まりに出向きました。
そうすると、もうみなさん、ちいさなお子さんを連れていらしてですね。
まあ、そこら辺を走りまわったり、殴ったり、泣いたりするんですな。
糞もしてましたな。それを父になった同窓生が何事もなく。片付けたりね。

僕も赤ん坊というのを初めて抱いてみたりしました。
赤ん坊というのは寝てるか喰ってるか楽しいとき以外は泣いてるんじゃないでしょうか。
楽しかったですねえ。

で、その晩のことなんですがね。

私なんか、夏に、海やら波の出るプールやらでしこたま泳いで遊んだ晩なんかに、
フトンに入って目をつぶるでしょう。
すると、どうも、ぐらぐらっと体が揺れてる感じが残ってる。
三半規管のせいだか何だか知らないけど、泳いでからだいぶたってるのに、
まだ波に揺られてる……、
ってな感じのことが、私はある体質の人間なんですがね。

どうも、日中、子供をたいそう見たせいか、
フトンに入って目をつぶると、子供酔いがする。

目をつぶってるんだけど、
自分の背後を活発に動く何者かとか、突然泣き出す何者かに、
背中や耳の感覚が敏感になっている、というか、
そんな事が起きても、びっくりしすぎないように覚悟をしておくぞ、
という感覚があちこちにのこっている。

こりゃあ、海に行った日の晩とおなじだ。

子供も数があつまると、海と同じなのかあ。
と、面白く思いながら眠りました。

この感覚をうまく伝えられたかどうか少し疑問ですけども。

今日はこのへんで。
PR
プロフィール
HN:
竹谷州史(たけやしゅうじ)
性別:
男性
職業:
漫画家
自己紹介:
岩手県盛岡在住の漫画家。
最新作「災厄乙女パン子」(月刊日ヒーローズ)。
最近は主にツイッターが中心。
既刊「Smoking Gun民間科捜研調査員流田縁」(グランドジャンプ)「拝金」(コミックゼノン)「紅蓮の花真田幸村」(コミックバンチ)「まっしろけ」「astral project月の光」「皆殺しのマリア」「LAZREZ」「PLANET7」(以上コミックビーム)など。
おしごと募集中。
フリーエリア

メールフォーム
自著
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]