忍者ブログ
漫画家・竹谷州史のブログです。
[41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [33] [32] [31] [30
Posted by - 2017.01.21,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 竹谷州史(たけやしゅうじ) - 2010.05.07,Fri

本日5月7日発売コミックバンチにて「紅蓮の花・真田幸村」第6話が掲載されました。

薄田兼相(ススキダカネスケ)の回ですね。
大坂夏の陣は大坂にとっては劣勢の戦なので、このあたりのくだりはつらい展開なんですね。
だから描くほうも胃をいためながら描きました。
あまりつらいので、読むのやめちゃうんじゃないかとか、不安になりながら。

本当はもっと描きたいシーンがあったんですけど、泣く泣くカットしたりしたんです。
話数に限りがあるし、流れを無視して描きこんでも伝わらないと意味がないのでね。

薄田は史実にはあまり資料がなくて、力持ち、ちょっとおバカ。くらいのものです。
それだけに好きに脚色して描きました。
彼が後藤又兵衛になついている、というのは僕の創作です。
でも彼を思いついた時、大坂夏の陣、描けるな、と確信したものです。

なにしろ史実だと本当に無駄死にで、冷徹に無謀な突撃だったと書いてあるものですから。
でも戦国武将も完璧な英雄ばかりじゃないはすだし、
私はこういう人間臭い人が好きだな。

この連作は基本、史実に基づく縛りがありますから、
真田十勇士(後の創作で有名な幸村の忍者部隊)は出演しませんが、
かわりに紅蓮の花の薄田には猿飛佐助(西遊記の孫悟空をモデルにしたといわれる)の
イメージをかさねてデザインしたりしました。

お、結構今風の漫画のデザインもできるじゃないか、自分。と思ったりしました。
彼みたいなやつを主役にしてジャンプっぽい漫画が描けたりしないかしらん。

ともあれ、すこしずつ山場に近づいています。
今後も「紅蓮の花。真田幸村」よろしくおねがいします。
PR
プロフィール
HN:
竹谷州史(たけやしゅうじ)
性別:
男性
職業:
漫画家
自己紹介:
岩手県盛岡在住の漫画家。
最新作「災厄乙女パン子」(月刊日ヒーローズ)。
最近は主にツイッターが中心。
既刊「Smoking Gun民間科捜研調査員流田縁」(グランドジャンプ)「拝金」(コミックゼノン)「紅蓮の花真田幸村」(コミックバンチ)「まっしろけ」「astral project月の光」「皆殺しのマリア」「LAZREZ」「PLANET7」(以上コミックビーム)など。
おしごと募集中。
フリーエリア

メールフォーム
自著
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]